テセラ・テクノロジー株式会社

English
製品情報

IE-Bus Tool
AP-ALDM2(ダミーボード)

AP-ALDM2(ダミーボード)

概要

  • IEBus の通信先が開発中の場合や動作テストなどに利用可能
  • パソコンとの送受信はシリアルインタフェース(RS-232C)を使用
  • 通信プログラムを作成し易くした、IEBus 特化のマクロ言語(AP-IEB2と共通)
  • 弊社製品の「AP-IEB2 」を利用することにより、IEBus 上に流れる全てのデータをモニタ可能
  • AP- ALDM との違い
     電源アダプタが標準添付
     232C コネクタが9pin に変更
     リセットスイッチの削除

接続例

クリップケーブル←→ターゲット間の接続方法

クリップ名 クリップ色 概      要
TX- 青(ミノムシ型) IE-BusのTX-に接続
TX+ 緑(ミノムシ型) IE-BusのTX+に接続
GND 黒(ミノムシ型) ターゲットのGNDに接続
+12V クリップ無し 付属ACアダプタより電源を供給できない時に使用

表示画面

マクロの実行画面

マクロの実行画面

仕様

製品名 AP-ALDM2
ベースクロック 6.29MHz (通信モード1に対応)
インタフェース RS-232C
IE-Bus
コントロールIC
ルネサス エレクトロニクス uPD72042
自局アドレス設定 ディップスイッチにより設定可能
マクロ言語 コントロール・フィールドは"F"(データ書き込み)のみ対応
受信データを演算(加算、減算、AND、OR)し、送信データとすることが可能
一定時間ごとにマクロ・サブルーチンを呼び出し、送信/演算が可能
キー入力によりマクロ・サブルーチンの呼び出しが可能
整数型変数を持つことが可能
ビットマスクも可能なパターンマッチングによる条件判断が可能
対応
機種
ホストマシン シリアルインタフェース(D-SUB 9pin コネクタ)付DOS/V機
OS Windows95/98/Me/2000/XP
動作電圧 DC 12V
消費電流 約 500mA
本体寸法 W140 X D110 X H35 (mm)
付属品 専用ワイヤーハ-ネス 2本(ミノムシ型クリップ付とクリップ無し)
ACアダプタ
アプリケーションソフト(FD)
取扱説明書

※RS-232Cクロスケーブルは付属されておりません。(別売¥2,000 (税抜))

ページ先頭へ